ボヤボヤの木星

晴れるかな?と思ったらしだいに雲が・・・・。大赤斑と衛星の影が通過するタイミングなので,試し撮りもかねてチャレンジ。雲が流れる中なのでシーイングも悪。 ミューロン210 ボーグ・エクステンダーメタル  TSA102 テレビュー5倍バロー 雲の合間から・・・・木星の衛星・大赤斑の移動もとらえたいですなあ。 共通 ASI385MC  昭和New20E FireCa…

続きを読む

ようやく秋空かも

遅い時間になって晴れてきたので、木星・土星は西に傾いてしましました。そんで火星のみですが試し撮りしてみました。(ずっとかも) ASI385MC ASI120MC 月が大分大きくなってきましたが、影響がない時間に流星捜索シリーズ再開してみました。やはり収穫はゼロ。オリオンが入っていたのでアップ。 EOS5Dmk2(改) 17-40L

続きを読む

木星と衛星たち

処理に時間がかかり今頃のアップになります。 撮影は、2020年9月21日 19時ころになります。いつものように木星本体に露出を合わせて撮影したものと衛星に合わせて撮影したものを合成しました。今回はサイズ違いで撮ったため、フォトショップエレメントを使用し、まず木星本体のみを選択してそれを露出オーバーになった木星に貼り合わせました。(これができずに時間が・・・・言い訳モード) ミューロン…

続きを読む

ISSウィークなのに曇天ばかり・・・

今週はISSを見るのに良い条件だったのですが、秋の長雨全然晴れません。 今日をのがすとしばらくお休みなのでしかも雲に隙間があったのでねらってみました。 ミューロン210 CANON 2×エクステンダー α6000 ISO6400 1/350 等倍切り出し ISSまでの距離450km(ほぼ真上)  撮影スタイル 雲が多くてピント合わせが十分でありませんでした。もうちょっ…

続きを読む

New Weapon(内緒)

惑星用に焦点距離が長く、シャープなものを調達。TOA130は無理なので、しばらくこれでおとなしくしてよっと。 ピントの山はつかみやすいです。さすがタカハシ。でも、主教移動式のピントなので像が動くこと動くこと。 やっぱりヘリコイドかました方が合わせやすいでしょうね。 ○Borgコンパクト・エクステンダー・メタル(2.2倍) ○Borgコンパクト・エクステンダー・メタル(2.…

続きを読む

明け方の火星・金星

曇りの予報だったのでゆっくり寝ていたのですが、明け方のぞいてみたら晴れているではありませんか。東の空にはもうオリオン座がでで~ん。 薄明が始まっていそうなので、今朝は惑星のみでいきます。 火星・・・・ほぼ真上です。 Camera=ZWO ASI385MC Date=2020_Aug_27 Start=040009.637 Frames captured=10000→4000コマ処理 RO…

続きを読む

青い雪だるま星雲

NGC7662です。タイトルの通り「青い雪だるま星雲」という名前もついているそうです。 クリオネかと思いました。アンドロメダ座にあるので、これからが見やすい時期です。もっと大きくして再挑戦してみてはいかが?→自分へ Gain300 5秒露出 10コマ 加算平均後ちょこちょこ TSA102 ASI385MC ビクセンアトラクス赤道儀(K-astec改 トミタメンテ)

続きを読む

木星 2020年08月21日

木星およびその周辺は短時間でいろいろな表情を見せてくれます。 コンパクト・エクステンダー・メタル使用 5倍バロー使用

続きを読む

ASI385MCで星雲と木星・土星・火星

ASI385MCで星雲にチャレンジしてみました。 ダークのコマを撮影したと思ったのですが、見当たらないのでダーク引いてません。  カラーセンサーなのでお手軽です。 Date=2020_08_20 TSA102直焦点 昭和New20E赤道儀完全ノータッチ Sensor temperature=32.5°C M27 10コマ加算後いろいろ処理 Shutter=15.0s Gain…

続きを読む

磯遊び

松川浦自然教室の干潟観察会に参加させてもらってきました。最高のお天気のもとたっぷりかにさんたちとふれあうことができました。 今日は午前9時26分が干潮のピークです。 1 アカハラガニ(違ったら教えてください。以下同じ) 2 ツバサゴカイ ストローが刺さっているの分かりますか?しかも2本。  掘ってみましょう・・・。実は、つながっているんです。 3 マツカワウラカ…

続きを読む

ペルセウス座流星群

自分は観測していないのですが、カメラだけ頑張ってくれています。ただ、写っているかどうかのチェックだけは、地道にやってます。 8月13日 21h22mころ Sony α6000 MADOKA(全周魚眼) 8月14日 Canon 5Dmk2(赤外改造) 17-40L(20mm)f5 59秒露出 2h27mころ 2h57mころ どちらもペルセ群ですかね。ただ下の方…

続きを読む

収穫ゼロ

昨夜は、ペルセ群の極大日でした。月の昇る前からカメラを動かしていたのですが、雲が多かったこともあり収穫ゼロでした。 肉眼で3時間で10個くらいでしたかねえ・・・。 せっかくなので雲の写真を1コマ。 Sony α6000 MADOKA開放 ISO800 89秒露出

続きを読む

昨夜のネオワイズ彗星

夕方まで今日こそ薄雲ナシになりそうな気配があったのですが、いざ撮影と思ったらやはり雲が来襲。 でも、そこそこ写るからおもしろいです。 TSA102直焦点 ISO1600 60秒露出 1枚撮り いろいろ処理あり リサイズ・トリミングあり

続きを読む

34度、暑い・・・。

夏らしい暑さになりました。蚊に刺されながら庭を一回り。 ちょっと変わったカタツムリがいたので・・。検索してみたのですが、オナジマイマイ?コハクオナジマイマイかな?

続きを読む

薄雲を通したネオワイズ彗星 その2 おまけで木星

気象学的には十分「晴れ」なのですが、写真を撮るとなると????なお天気です。本日も昨日に続いて薄雲を通してのチャレンジです。 1分露出と30秒露出の2コマを加算合成後無理矢理強調してあります。うっすらと視野外まで尾が伸びているようななんとなくそんな気がします。 ちなみに、2分露出 ノートリミングです。 TSA102直焦点 α6000  その後ちょうど木星の大赤斑が見頃な…

続きを読む

去りゆくネオワイズ彗星

8月5日は薄曇りの天気だったのですが、望遠鏡でのぞいてみると彗星のお姿がなんとか確認できたので、直焦点初挑戦。 光度は下がってきているものの、高度は高くなってきているのですね。 お姿はわかりますが、所詮薄雲経由という画像です。 Takahashi TSA102 レデューサ Sony α6000 ISO1600 60秒露出 ステライメージにて加算平均 トリミング あといろいろ …

続きを読む

木星の衛星の影

薄雲が広がっていたのですが、木星の衛星イオの影が木星に映っているタイミングだったのでいってみました。 左に見える衛星ガニメデの影のようですが、実際は本体中央付近にあるイオの影になります。あと1時間くらい粘ればイオが動いて本体とずれたのですが辛抱ないもので・・・・。 2020年8月4日 22時45分ころ

続きを読む

8月2日の木星 RegiStaxとステライメージで・・・

ASI385MCでもっと上を目指すのにゲインを変えて撮ってみたりしたのですが、あまり変わりません。 そこで、RegiStaxとステライメージの2つのソフトで処理してみました。 もちろん処理の仕方が違うのでなんともいえないのですが、ステライメージも結構頑張っているのかなあ???

続きを読む

雲の切れ間から土星・木星をねらってみました。

ネオワイズ彗星!!!と思ったのですが、いつの間にか月が大きくなっていました。それで、雲の合間から顔を出していた土星と木星をASIカメラで撮ってみました。(久しぶりでやり方忘れた~) ○土星 せっかく新調した385MCで何だかなあという画像しか撮れなかったので、120MCと撮り比べ。 上 ASI385MC 3000フレーム→1200フレーム シャッター 34.5ms 103秒…

続きを読む